DIARY 2009年7月


7月1日 スキンシップ・ブルース

7月に入り以下略。今年も半分が以下略。蒸しますね。猫が一緒に寝てくれない。そのまんまさんが調子に乗ってます。ネームバリューで知事になって、したことと言えば特産品のPRぐらい。「宣伝部長に就任」てやつです。宮崎あおいさんがディズニー映画の宣伝するのと一緒です。で、その職務を一期も全うせずに国政に乗り出すと。討論すらまともにできないのに。
 こんな人にすがるしかない自民党の終焉に、とどめをさすのがそのまんま東とは。タイミングによってはなべやかんや秋山見学者や佐竹チョイナチョイナだったかも知れません。

もうひとつ気になったのが、「中田氏南アフリカは危険だとは思わない」。 この記事まずおかしいのは、南アフリカの首都はヨハネスブルグじゃなくてプレトリアなんだけど、なかだしという人はヨハネスブルグをおそらくボディガードつきで歩いて、危険じゃないって言っちゃった。これで重大な犯罪が起きたらどうするんでしょう。
 なかだしは危険です。僕若い頃、頭に帽子をかぶせるのが下手っぴで、もたもたするのが恥ずかしくて、帽子なしで愛を確かめたことがあります。さすがになかだしではありませんでしたが、しばらくして「あれがこないの」ギャース! 結局大丈夫だったものの、それから帽子をかぶせる練習に勤しんだのは言うまでもありません。

きのうは久しぶりに整体へ。鬱の再発というよりは、心労が重なって呼吸が浅くなってるそうです。「人間関係を絞る時期かもね」。絞り絞られです。ネット上の人格も凶悪化していて、人生に焦ってるんだ僕は。それから一眠りしてずーんときて、いつものおふたりが訪ねてきてくれました。おふたりも大変な状況なのにどうもありがとうね。一人で生きていければ。

7月2日 sukiruのskill

音楽企画集団nitoも風前の灯火で、言いたくないけど金がない。「働かないで楽しそうに暮らしてるのはむかつく」と言った君、君の会社は福利厚生がしっかりしてて徐々に社会復帰できたけど、僕は完全にゼロなので。「37歳とくにスキルはございません、履歴書に10年の空白があります、最初は1日3時間出勤という形で」ムリだ!
 昔から働くのは苦手でした。自分はお金を頂くほど貢献してるんだろうかってとこで悩んじゃった。最初のバイトは高1の時、お受験塾の合宿の雑用だった。サウナみたいな倉庫の中でジュースのケースをあっちへこっちへ、夕方は園児たちに運動させてお風呂にいれておやすみまで。同僚が吐き捨てるように「山下くん生きてて楽しい?」って。それからいくつものバイトをして2つの会社に勤めて、行き着くところはいつもそこ。お給料はちょっとでいい、ライブの日には定時にあがれて中2でもできるデスクワークってないですか。働くことも働かないことも怖いんだ。

7月3日 あのただのマルを笑え

埼玉県の知事が「日本の国旗や国歌が嫌いだというような教員は辞めるしかないのではないか」と言ったそうで、それはどうでもいいんだけど、その記事に対するコメントが95%知事マンセーでどうかと思いました。右とか左とか天皇とか日教組とか関係なく、僕は「君が代」を音楽的に好きになれません。みんな好きなの? あんなしみったれた歌。

日本にはそもそも国歌って概念がなかったんです。それをイギリスの軍楽隊長が薩摩藩軍楽隊に「国歌があった方がいい」って作ってあげたの。オリジナルはアイリッシュっぽかったらしい。でも日本の音階じゃなかったんで、林廣守って人が改竄して今のメロディにした。でこの人、雅楽の演奏家なのだよね。雅楽の編成でこのメロディを想像すると、実はそんなに悪くない。ところが後にドイツ人作曲家が西洋楽理のコードをつけてとんちんかんなことになっちゃった。戦後になって歌詞が問題になる訳だけど、初出の古今和歌集では歌い出しが「我が君は」だった。読み人知らずなんで真意はわかりませんが、特定の誰かじゃなくて目の前にいる君を讃える歌だったようです。江戸時代には結婚式で新郎を讃えるために使われたりもしたんだって。
 国旗国歌法で揉めてた頃、清志郎は「君が代」をパンクにするんじゃなくて、「上を向いて歩こう」を国歌にしようって運動をすればよかった。あるいは新曲を作るとか。作詞作曲:勝手に観光協会でどうだろう。

7月4日 そんなことよりおうどん食べたい

罵倒の言葉で検索してきた皆さんこんにちは。ネットにはなんでこんなに悪意が溢れてるんでしょう。日本人は次の人のために開いたドアを押さえないっていうじゃない? でも誠実な国民性とされてるんでしょう。日本人が誠実なのは内輪に対してだけなんだ。ほかの国の人がドアを押さえるのは優しいからじゃなくて公共のマナーだから。日本人は身内によく思われようとしてばっかりで、他人には無関心。ネットを利用する時は一人で籠ってて、画面の向こうにいる人はみんな他人。だから平気で悪態をつく。
 信じられるのは猫ぐらいです。メイは図太い奴だと思われがちだけど、凹んでへたってる時に鼻の頭をペロってなめてくれる。スキルだいじょぶか。ネモは孤高の人だったけど病気をして甘えん坊になった。一緒に寝よ。クリマロは普段どこにいるかわかんない。でもパソコンデスクに座った時だけ寄ってきて、ひざに乗せろと言う。それから寝てる時にお腹に乗ってくる。はー恋とかしてえ。

7月5日 なごむ

きのうはううーって寝てたらいつもの2人が遊びにきてくれました。酔ってて全然記憶にないんだけど、BMX BanditsとTelevision PersonalitiesとDan Hicksの素晴らしさについて熱く語ったそうです。しまいにはトイレに行こうとしてこけて崩したCDを片っ端から解説したって。あと高橋幸宏さんの遍歴をメガネで表現して爆笑もんだったらしいけどなにそれ! 想像もつきません。自分の芸をパクりたい。今日は予期せぬスペシャルゲストが遥か高速バスでやってきて、怒濤のように去っていきました。やっぱりあの娘は面白いな。写真はメイとぬいぐるみのケラ (なごむから) 。メイは猫のような形態をしていながら全く猫らしくない。空気読むし。ドルバッキーかもしれない。
 メールボックスを整理してたら数年前に見知らぬ読者の方から頂いたメールを発見しました。山下さんがいい加減な医者にかかって苦しんで、なぜ転院しないのか理解できない、日記もつまんなくなってるって。余計なお世話だけどそうだよね。転院します。

7月6日 水玉のスカートくるくる回っていたよ

音楽企画集団nitoを立ち上げたとき、ネーミングの最終候補に「skirt」がありました。かわいいでしょ。かわいいよね。ネットニュースを見てたら、きのうの「木村カエラ∞Perfume」で、カエラちゃんがかしゆかのスカートをめくったんだって。ドキドキしながら「写真」をクリックしたんだけど...なぜそのシーンを押さえてないかな。セットは「チョコレイト・ディスコ」「Jasper」だったそうです。最高だ。どっちも4人の振りつきだって。なんかの形でリリースされないかしら。いや別にスカート目的じゃなくて!
 ちびっこの頃、スカートめくりが大好きでした。すみません。っていうのはパンツに興味があったんじゃなくて、ふわり揺れるスカートのラインが美しいと思ったんだ。いまでもスカート好きです。ローライズのジーンズから見えるパンツに興味はない、動きが好きなんだ。何を書いてるんだ僕は。

7月7日 君、メガネかけた方が可愛いって気づいてる?

めがねがこわれましたなんにもみえませんしんじゅくでかっためがねなのでしんじゅくまでなおしにいかなきゃなんですがめがねがないとしんじゅくまでいけませんきょうはたなばたこいびとたちのひ「たなばたのよるきみにあいたい」
 いきるってなあに? あいするってなあに? きんぎんすなごってなあに?

7月8日 MJといったらみうらじゅんだろ

新垣結衣さん同棲か。娘を手放す父親の気分です。ポッキーのCMのイメージとは裏腹なおっとりした雰囲気が好きでした。少女はチャラ男にかどわかされて大人になり、青年はパソコンと向き合っておじさんになった。きもいって言うな。
 FUJI ROCKの早割チケットを売ったお金でBeatlesのリマスターセット予約しました。Allen Kleinが亡くなったそうで。God Help The GirlとBrendan Bensonのニューアルバム楽しみだな。寝ます。ぐー。

7月9日 soundscape of STRANGE LIFE

ドンドンドン、ドンキー、ドンキーコングー 元気ですかー! なんて日記を書かないとまずいのだろうか。でも「働かないで楽しそうにしてるのがむかつく」って言われちゃうしな。鬱はどんどん酷くなり、目眩と吐き気と怠さと戦ってます。ネモがみるみる弱っていくのがわかるんだけど病院に連れていく体力がない (僕に) 。告らずに失恋した翌日の今日はネット詐欺容疑で警察に通報されて、銀行の口座が止められててんやわんやでした。夜には日記が自殺予告じゃないかと通報されててんやわんやでした。
 音楽企画集団nitoを無期限活動停止とします。長い闘病の末に社会活動の勘が戻らずすべてが空回り、多くの、非常に多くのものを失いました。これからどう生きるのか、あるいは生きないのかじっくり考えたいと思います。Amazonで「練炭」で検索すると、「37%の方がこちらの商品を買っています」って自殺マニュアル本の類いを紹介してくれます。

7月10日 あなたはカレーという食べ物を知っていますか?

僕は知っています。食べたこともあります。本当です。鰹節で出汁をとり、豆腐やネギ、油揚げやワカメなどを刻んで煮込んだ茶色いスープをご飯にかけて食べました。お母さんは「よそではご飯にかけて食べてはいけません」と言いました。おそらくナンに乗せて食べるのだと思いますが、あの薄いスープをナンに乗せるインド人はすごいです。
 日本で一番有名なカレー料理人は林真須美さんと言います。1月22日は国民の祝日「カレーの日」です。湯川れい子さん、たかの友梨さん、内田勘太郎さんなどが加齢します。

次回、「あなたは味噌汁という食べ物を知っていますか? 」でお会いしましょう。

7月11日 魅惑のちんちん

児童ポルノ禁止法改正案について、「単純取得」を禁じることになったそうです。
 実は我が家には18歳未満の性器を写した写真がたくさんあります。ちびっこの頃、庭のビニールプールで遊ぶ僕のちんちんであります。当初民主党は「性的好奇心を満たす目的で所持」したものを処罰する案を提出していました。僕が僕自身のちんちんを見て性的好奇心を満たすのは困難だと考えます。でも結局は自民党に飲み込まれて持っていればすべて違法、逮捕されてしまうことになったそうです。もう少しリアルな話、僕は宮沢りえさんのヌード写真集「Santa Fe」を持っています。撮影当時宮沢りえさんは17歳だったといわれています。写真を載せますね。この日記を見たあなたも、児童ポルノ禁止法で逮捕される可能性があります。せっかくなので僕のちんちんの写真も...。

7月12日 Reality, it's not for me, and it makes me laugh

メイは北乃きいさんが大好きみたいです。種を超えた憧れです。僕も現実を捨ててアイドルに走ればいいんだ。
 ちょっと前の日記に書いたとおり、加藤ローサさんが地味な男性好きということで、地味な僕はYouTubeで彼女のトークをいっぱい見ました。「ワイルドな男性は苦手ですね」「恋人のファッションはお好きにどうぞ、ジャージでも構いません」「休日はソファの下に座ってぼーっとしてます」。もう引きこもり男子の神だなと。実にいまさらですが加藤ローサさんに恋をしました。さよなら3次元の女性たち。皆さんは立体テレビくらいちゃんちゃらおかしいです。恋をするなら2次元です。
 ところで誰か僕のメールボックス覗きましたか?

7月13日 ここ、空いてますか?

恋に悩むMr.Moger McGuinnとメールしてて気づいたことがあります。男性はこんなに余っているのになんで女性はみんな彼氏持ちなのかと。論理的におかしいです。そんなはずはないです。想像するに、一部の心ない男子がたくさんの女子をそそのかして、寡占してるのではないか。女は男を見る目がないね。「彼氏にはスポーツマンであってほしい」84%って時点で見る目がないのはわかってたけど。そんで遊ばれて捨てられて「結局男は金よね」とか言い出すのだ。愛だろ愛!
 こういった事態を防ぐために、画期的な発明をしました。タクシーの空車マークみたいなのを男女ともつけるべきです。「恋人います」「いません」っていうのが一目でわかるディスプレイを顔面の横に設置することを義務づける法案。これは市民の声です。こうすれば一人の男性が女性を寡占することができなくなります。そして空車同士の出逢いのチャンスも格段に増えます。陳情って誰にすればいいんだろう。都議選出ればよかったな。

7月14日 遥か大陸でもみもみ

僕は子供の頃、中国って国に強い憧れを持ってました。NHKの「シルクロード」っていうドキュメンタリー番組が好きだった。城壁で囲まれた街に並ぶ屋台の果物、果てしないゴビ砂漠の向こうに浮かぶヒマラヤ山脈。「ラストエンペラー」って映画を観まして、紫禁城 半端なくでかいですよ。荘厳で歴史のロマンを感じた。
 1992年に1ヶ月だけ中国に行きました。馬車とトロリーバスが走る北京の街、石炭の煙が立ち昇る胡同の軒先には碁を打つ老人たち、東洋のファイナルファンタジーだった。女の子がすっぴんできれいでね、連れてる男がむっさくてびっくりした。すっぴんがきつい年頃になると、急に京劇みたいな化粧になるのは残念だった。

いまはブログネタ生産大国で、何千年続いた街の風情もオリンピックで台無しだろう。チベットでもウイグルでも悲惨な事件が起きてるようです。ウイグルの事件は非武装の学生デモに、公安がマシンガンバリバリ撃って400人殺したらしい。テレビで何度も流れたウイグル人がバスを倒す映像は、政府と新華社がウイグル人を雇って捏造したそうです。雇われるウイグル人もどうかと思う。暴動じゃないの、だから。虐殺です。
 今日のニュースで笑ったのが捏捏族 (もみもみぞく) 。ホワイトカラーの間でストレス解消のために、スーパーでインスタントラーメンやお菓子をもんで粉々にするのが流行ってんだって! 小学生かおまえら。やっぱり急成長する国にはいろいろ歪みがでる。日本もね。

7月15日 映画「ドラえもん」を観たこと

ドラえもんの映画を観る夢を見た。のび太としずかちゃんが立体なんとかで遊んでたら、なにかのはずみで三次元から四次元の世界に入って、江戸時代に飛ばされちゃうの。しかも2人とも記憶をなくして別々の場所へ。やがて大人になって運命の出会いの末 恋に落ちる。で、微かな記憶を頼りにタイムマシーンを発明して現代に戻ってきた。キテレツもちょっと混じってるナリーって言うな! エンディングが感動的で久しぶりに充実した作品でした。二度寝したら、その話を実写化する夢を見た。大人になったしずかちゃん役は北乃きいさん。藤子F不二雄顔。
 明日は新しい病院に行きます。精神科医に何人か会ってよくわかったのは、病院の評判より担当医との相性だなと。その医者を決めるのは初診の予約のタイミングで、担当医を替えてほしいという要望は通りません。変なシステムだ。いままでで最低だった医者は小此木啓吾。傷に塩を塗るタイプだった。病院から帰ってきて氏の著書を全部捨てました。

7月16日 いけそうな気がする

転院しました。名前出しちゃおうか。NTT東日本関東病院から都立広尾病院に移った。NTTは威張ってるだけでガッポガッポお金が入る会社なんで、未来か!ってくらい立派な病院でした。都立はやっぱりお役所仕事、初診の予約がたいへんだった。でも行ってみたら丁寧に話を聞いてくださって、再診からは10分程度ですよって仰ってたけど、話の内容を咀嚼してくれてる感があった。前の医者はそもそも治療する気があるのか疑問だった。なんで転院しなかったのかな。
 僕の病気は鬱病、脳の伝達物質が正常に分泌されない病気です。人と会う時はスイッチが入って楽しく過ごすことはできる。でもそれを維持するのはとても難しい。贅沢病とか甘えって人もいます。貧困に苦しむ国に、あるいは戦渦の中に鬱病はいないって。僕はいると思う。鬱病と診断される前に、狂気の世界を彷徨ってるはず。もうひとつ困るのは、日本は鬱病大国で、でもみんな頑張ってるって話。それは鬱病じゃなくて心因性鬱状態だ。自称鬱の人が言い訳に使うから誤解が広がる。

7月17日 音楽の費用と効能

どうやって調べたか知らないけど、音楽鑑賞にかける費用って年間平均1万5728円なんだって。えっ月間じゃなくて? 僕はFUJI ROCKに行くチケ代や交通費や物販やフェス飯や宿代を合わせると、それだけで1回10万くらい使ってる。コンピを作ってみんなに送るCD-R代、印刷代、郵送費も結構かかってる。そのぶんファッションにかける費用は年間3000円くらいだけど。その辺が人生に負けてる要因なのか。
 写真は人類最初の楽器、ドイツで見つかった3万5000年前の笛だそうです。フルートぐらいの音域でたらしい。見出しがおかしいな、発見された最古の楽器って言うべきでしょう。最初の楽器は打楽器だったと想像する。旧石器時代の音楽は、大きな社会的ネットワークを構築することに貢献して、音楽を持たない部族と比べて生存競争に有利だったそうです。旧石器時代に生まれればよかった。スペランカーだけど。

7月18日 TAXIに捧げる歌

うちの近所は通行量の約6割、時間帯によっては9割がタクシーなんです。タクシーの運転マナー酷いなって。彼らハザード出せば急停車も二重停車も三重停車もありだと思ってる。空車の時はのろのろ走ってそのまま一時停止を突破する。実車の時は細い道をビュンビュン飛ばして割り込んでブーブークラクションを鳴らす。
 電車に乗ろうとしても、うちの近所に駅がないんです。大江戸線が開通した時に石原慎太郎が「23区内はすべて駅から徒歩10分圏内になった」ってうち! うち! バスは30分に1本だし。タクシーを大幅に規制して、バスをちっちゃくして、運行本数を倍にしたら生活環境的にもエコ的にもよくないですか。民間委託で。運転手は優秀なタクシー運転手に大型取らせればいい。ちぃバスというのが走ってはいるんだけど、うちの近辺はやっぱり圏外なんだ。

7月19日 嬉しいお買物、残念なお買物

なつーい! なついね。最近は買ったきり放置だったCDをガンガン聴いてます。ちょっと前のアルバムだけど、Animal Collectiveの「Merriweather Post Pavilion」は、00年代を代表する名盤として後世に語り継がれるんじゃないかな。旧作と比べて肉体感がなくなって、Brian Wilsonが一番繊細なサウンドメイカーだった頃の浮遊感をポップトロニカに昇華したみたい。Flaming Lipsが「The Soft Bulletin」を出した時と同じような衝撃で聴いてます。それから松本隆-細野晴臣コンビ作の中川翔子さん「心のアンテナ」。
 残念なお買物は数ヶ月前に自慢げに紹介したdysonの掃除機です。確かにものすごい吸引力なんだけど、それ以上にヘッドブラシの回転が強力すぎる。結果ゴミはヘッドの中を高速で回転するのみで本体に入らない。ヘッドを持ち上げたりスイッチを切ると、バラバラ落ちる。やっぱり電化製品は日本製に限る。

追記 : サポートセンターに問い合わせてみました。そしたら翌日に新しい回転ヘッドが届いて、今は快適に使ってます。素敵なdyson愉快なダイソン。掃除機も素晴らしいけどアフターサービスも素晴らしい。近くdysonを讃える歌を作ってMySpaceにアップします。演歌です。

7月20日 NTTに捧げる歌

あゝこの広き国 日の本に名高きものは富士の山 加えて名高き えぬ・てぃー・てぃー。僕がかつてコンテンツ業界にいたとき、初めてお会いする同業者の方や、ちょっと気まずい雰囲気になった時の鉄板ネタは、NTTの仕事受けて酷い目にあった自慢大会でした。
 古い知人がNTTに就職して、こんなことを言いました。「どっかに融通の利くソフトハウスない? 俺が発注してあがってきたのを課長に見せたら気に入んなくてさ、課長が言う通り作り作りなおしてって言ってんのにどうしても最初のイメージ引きずるんだよ」。アーホーか! お前の言葉はNTTの言葉だ、だから制作会社は最初の言葉を大切にする。決定権が課長にあるなら最初から課長の意向を制作会社に伝えるか、お前の意向を課長に説得しろ! じゃなかったらお前いらない、課長が直接発注しろ! と思ったけど怒りのあまり何も言えず、ただニヤニヤするのみでした。その知人が朝の6時半に携帯ならしてきた。「じじいだから早起きでさ」。そんな調子で下請け起こしてるのかな。

今日もなつかった。猫たちがダレている。

7月21日 悪意の行方

知人のIPをアクセス禁止にしたら嫌がらせが激減した。悪い気持ちは巡り巡って今は僕のところかな。音楽と肉球とラヴとライヴ。欲しいものだらけ。気に入らないことだらけ。

日刊ゲンダイによると、ウルフルズが「ガッツだぜ」でブレークしたきっかけは、小室哲哉が「ダンスミュージックをやってみれば」って提案したことなんだって。その前の「すっとばす」や「大阪ストラット」はダンスミュージックじゃなかったのかな。小室哲哉じゃ踊れないけど、ウルフルズは腰が動くよ!
 オンガク聴いてます。The Mogers presents 辛い恋をしてる人のためのコンピ「and my world is blue」の選曲です。切ない愛の歌を探して懐かしいレコードを探っています。新しいレコードを買わなくてもうちにいっぱい聴くもんあるじゃんね。でも買いたいこの気持ち。

7月22日 44°、皆既日食、雨ざー

雨ざー。

きのうはY.N.さんが遊びにきてくれました。ヌカタシが前に置いてった、冷凍庫に入れてトロトロにして飲む泡盛をちょびっと飲んだら記憶が飛んだ。覚えてるのはベジタリアン坂本龍一が凄い肉欲の持ち主だって話と、金玉が右に寄っちゃったり左に寄っちゃったりして男は辛いよって話と、村下孝蔵さんが実はギターめちゃくちゃ上手いって話と、Venturesはきっと与野あたりに住んでるって話。起きたらY.N.さんいなかった。僕はちゃんと見送ったのかな。夢の中でも話してた。映画やレコードの編集と構成美の話。やっぱり僕は箱庭細工が好きなんだな。
 前の病院に最後の通院。紹介状を受け取るために。きのうの朝に担当科に電話して「先生に伝えておいてください」って頼んだら「伝えられません」って。やっぱり伝わってなくて「じゃあこれから書きますね」で40分待ち。後ろに並んでた患者さんもみんな40分待ち。そんな病院だった。でもこれが新しい一歩になるのならば。

7月23日 ミトコンドリア・イヴと190年の出逢い

最近は夢のクオリティが非常に高い。今朝みた夢は僕史上でも屈指の壮大なストーリーでした。映画にしたら3部作くらいになると思う。下宿先にあった推理小説を読んでるうちにその世界にのめり込んで、舞台になった土地や人を訪ね歩く話。この夢のテーマは何かっていうと。20万年前にアフリカに生きた人類の祖先が、それぞれのタイミングや選択でそれぞれの土地に移り住んで今に至る訳じゃないですか。いま世界には70億の人間がいて、1秒に1人の人と会っても全員と会うには190年かかるんだって。それくらいの偶然の中でどこかで誰かと出会って、心が繋がったり恋をしたり子孫を残したりするのってすごいなってこと。そんな夢をたまに見る。
 今ごろFUJI ROCK前夜祭、でも僕は東京にいるよ。音楽と森。太陽と風。酒と笑い。愛と平和。何よりもあの「場」を10万人と共有したかった。

7月24日 ユロ伯父さんだって恋をしたいのだ本当は

The Mogers presents 辛い恋をしてる人のためのコンピレーション、僕のパートは日本語オンリーでいくことにしました。英語ぜんぜんわかんないんだもん。歌詞カードを解析する作業が僕にとって音楽的じゃないってことにやっと気づいた。共作者はたぶん英語でくると思います。タイトルも僕のだけ「ユロ伯父さんだって恋をしたいのだ本当は」に変更しました。若い頃はおじさんに歳を聞いて「心は17歳」なんて返されると何言ってるのって思ってた。でも実際におじさんになってみると、心のもやもやはそのままで、苛立ちや真っ暗や色んなもんがこんがらがって、やっぱり女の子に胸掻きむしられて、17歳の頃と全然かわらないんだよ。という想いが込められてます。
 FUJI ROCKに行ってる皆さん、今日はPaul Weller、Patti Smith、Lily Allen、Tortois、Towa Tei、EYE、ハナレグミ、Clammbonあたりでしょうか。

メイとクリマロを健康診断に出しました。ネモみたいに大病されたら困る。結果が出るのは夜。いつまでも4人で暮らしたい。

7月25日 寄せる波に向かってSingin' -音のイマジネーション

コンピの選曲で邦楽ばっかり聴いてた反動で、洋楽の新譜を片っ端から聴いてます。God Help The Girlは久しぶりにグラスゴーの慎ましくて美しいバンド。中身は殆どBelle & Sebastianなんだけど。久しぶりのEelsはぶれがなくてやっぱり良かった。ざらついてて、でもソフィスティケイトされてる。なにより曲がいい。Wilcoはこんなコンテンポラリーなバンドになるとは。最近の方が好きです。ノンサッチ・レーベル偉い。
 邦楽はCaptain HATE and The Seasick Sailorsが素晴らしい。フレーズの欠片がデジャヴを起こしてアルバムの中を行ったり来たり。最近はコンセプトアルバムってものが減ってきて残念。ロックは一遍の詩にもなれるけど、映画にだってなれちゃうんだよ。寓話と混沌とユーモア。前作は間違ってレコ大とっちゃったから、今度はブリット・アワードのインターナショナル・グループ部門でも狙いますか。それとも競争するのはもうやめましょうか、世の中と。

今まさにFUJI ROCKやってるって実感が湧きません。今日はFranz Ferdinand、Trashcan Sinatras、Booker T、Juana Molina、Dinosaur Jr、おおはた雄一、吾妻光良トリオ、清志郎トリビュートあたりか。新宿に期間限定の清志郎ショップができるそうです。死んでから国民的歌手扱いってどうなんだろう。FUJI ROCKは清志郎トリビュートやってもいいんですよ。清志郎自身がFUJI ROCKを愛して歌まで作っちゃったくらいなんだから。
 それからPeter & GordonのGordon Wallerが亡くなったそうです。Peter Asherの方はご存知の通りプロデューサーとして大成功したけど、Gordon Wallerはソロ活動をしてたのかな?

7月26日 Long And Winding Roadでさみしい

AKB48の研究生って何を研究してるんですか。ハゼの生態とかかな。

今日も未聴CD山脈を崩して聴いてました。kyteすごく気にいった。Animal Collectiveと並んで今年のベストアルバム候補です。Sigur RosとMy Bloody Valentineを足した感じなんだけど、もっともっと好き。シューゲイザー+エレクトロニカなサウンドはもちろん、メロディも切なくて美しいです。とろけちゃいそうだ。平均年齢21歳だって! サマソニ出るのか、興味あるな。10月に再来日の噂もあるみたい。
 今日のFUJI ROCKはAnimal Collective、Royksopp、Juana Molina、Steve Nieve、渋さ知らズあたりでしょうか。Green Stageに行くことはなさそうだな。なんて妄想しつつ、今年のFUJI ROCKは始まる前に終わった。FUJI ROCKコミュの「残念ながらFUJI ROCKにいけない人の過ごし方」トピを見てたら、妊娠がわかって行けないって人がいっぱいいてびっくりしました。猫とゴロゴロの独りFUJI ROCK、ますますさみしくなった。

7月27日 僕の人生は冷蔵庫の中で未開封のまま賞味期限が切れた

僕の人生は冷蔵庫の中で未開封のまま賞味期限が切れた。

7月28日 早く死ね合唱団の皆様へ

「山下スキル 早く死ね」で検索してきた皆さん、お疲れさまです。アクセス解析ソフトを解約してログを削除したので、もう痛くも痒くもございません。皆さんは今まで通り、「心の影などございません」て顔をして、コーヒーなどすすりつつ幸せそうな人生を送ってください。

7月30日 この気持ちこれ以上 何が言える?

偶然のナイフ・エッジ・カレス [knife edge caress]
作詞・作曲:Double Knockout Corporation


通りを抜けて / 遠く離れた / 憎しみが今 僕に急ぐ /
唇噛んで / 仕方がなくて / 軽蔑の言葉を探した /
ショールで覆う僕の悲しさを /
わけ知り顔 / ピントはずれに / なぐさめればいい! /
 間抜けな言葉で / 僕を取り囲む /
 得意げな薄ら笑いに腹が立つのさ /
 思い切り胃を蹴り上げたら / 君はどんな顔をするのかと思う /
でたらめばかり / 並べてるうち / からまった僕らの寝不足 /
忘れられない / 離れやしない / 興奮が今 僕を襲う /
セシル・ビートン気取りの僕なら /
退屈も嘘も切り取れるロマンチックに! /
 偶然に出合う / そして僕は見る /
 震えているのは寒さのせいじゃないのさ /
 冷やかしや皮肉 言えばいい / バカさ加減がわかるさ /
  僕たちは / 跳びはねる / 空を仰ぐ / 手を突き上げて /
  この気持ち / これ以上 / 何が言える? / どう言えるだろう? /
 遠くまで見える目には流れ出す /
 5月の涙を僕らは誇りに思う /
 君に会う頃はスマートに / 切りつける言葉 僕は吐くだろう!

7月31日 日記をつける

きのうは自分の通院。先生に日記をつけるように薦められました。日記っていってもこういうのじゃなくて、何時から何時まで寝て何時までうとうと、その日の気分を5段階評価、それにちょっとしたコメント。これが面白い。グラフを塗りつぶすの好きだし。「屈辱er大河原上」に出てくる、顔写真にヒゲを描くバイトがあったらいい仕事をする。時給1350円くらいでないかしら。

追記: 中国の女子の高速水着がパックリ、「お尻丸見え」ハプニング続出って記事。写真にちょっと期待した。お尻を出した子一等賞じゃないのか。