DIARY NEW


3月30日 五十に手が届く寂しいおじさんに

誕生日を迎えた。このサイトを公開したのが1998年の誕生日なんで、23年が経った。
 とはいえ去年の5月からほぼ廃墟状態、日々のメモは残してるものの、メモだけで膨大な量に膨れ上がってどうすんの、と。普通の人は空白期間をなかったことにして、今日から更新を始めるんだろう。それができないのが発達障害の潔癖症なところで、我ながらめんどくせえな! 果てしなくめんどくせえ。

まさか自分がアイドルオタクになって、アイドルさん3人からおめでとうを言ってもらえるようになるとは思わなかった。メッセージはもっと頂いた。執拗な「もうすぐ誕生日アピール」が功を奏したと言えよう。ありがとうございました。
 そもそも、子供の頃は自分が49歳になるなんて夢にも思わなかったし、49歳になってもおにゃのこが大好きなんてもっと思わなかった。抱負は「生き延びる」。

49歳のヤバさ

四十一才の春だから
元祖天才バカボンの
パパだから
冷たい眼で見ないで


ずっと年下

月にでも行ってみたい
そんな気がする四十代
できれば何にもしたくない
金さえあればの四十代


ギリ

五十に手が届く
寂しいおじさんに
夢を抱かせて
ハンバーグステーキおごるから


それな

3月21日 「A LONG VACATION」とあーたくし

1998年から続いていたこの日記、パンデミックの中で壮絶な孤独に直面して、去年の5月18日から書けないままでいる。

今日、3月21日に、大滝詠一さんの名盤「A LONG VACATION」の40周年VOXがリリースされて、Niagaraレーベルの音源がサブスクリプションで解禁される。
 それを記念して#ロンバケサブスク解禁記念レビューという企画に参加した。「A LONG VACATIONとあーたくし」。本当に久しぶりのディスクレビュー (っぽい個人的な思い出話) だ。

これを期にディスクレビューを再開する気があるし、滞ってた日記もちゃんと穴埋めをするつもりでいる。
 誰かがこんなことを言っていた。表現することを辞めてしまった人は、「筆を折る」なんて強い決意で辞めたわけではない。「明日やろう」を何日も何ヶ月も何年も何十年も続けてるだけだって。その通りだよなと思う。

キャプテン! 自分まだ寝れます! 眠らせてください!

1月1日 SIDE-A 2021年に寄せて

2021年に寄せて
 この世界に私を愛している人がいるとするならばこの人だけだろうという祖母、利子が他界したと伝え聞いたので、寒中見舞いという形で失礼します。
 2020年があんな年になると誰が想像したでしょうか。私の2020年は生まれ変わりの年、体を動かして養生し、体重を30kg落として自己肯定感を持ち、人生をやり直すつもりでした。

しかしコロナ禍と気候変動で持病を酷く悪化させました。48年の人生、21年の闘病生活で最も苦しい一年でした。激しい不安感と絶望の中で布団の中に硬直し、小指の先を動かす気力さえありませんでした。家族・親族に絶縁され知人は全員去り、私には誰もいない、誰もいないのです。
 私はいま、社会に貢献できるなにごとも持たないので、消えても誰も困らないし誰も悲しみません。それでも生きたい。願わくばそばに猫と音楽を。根拠のある自己肯定感はいりません。根拠など簡単に消え去ってしまう。生き残るために根拠のない自己肯定感が欲しいです。
 みなさんもいろいろ事情がおありだと思います。2021年に希望を描くのは難しいですが、取り敢えず生きてるだけで偉い。

2021年に寄せて (おがわり)
 たくさんの方々に同じ文面の寒中見舞いをお送りしたのですが、印刷・投函を発注してからこれでは意味が伝わらないと気づき、苦肉の策として補足のおかわりをお送りします。

補足1つ目。私は2000年から鬱病を患っています。「鬱なんて甘え」との叱責を受けることもあります。鬱病は脳という臓器の疾患で、心臓や肝臓の疾患と同じように「根性」では治りません。
 補足2つ目。私は両親をとても早くに亡くしました。そして十数年前に戸籍上の弟が、私が当時交際していた女性を気に入らず、女性を精神的に追い詰めた上で私とも縁を切りました。弟は法であり事実上の家長なので、親族一同とも縁が切れたことになります。補足3つ目。私は高機能広汎性発達障害で、人との距離の取り方をしばしば誤り、友達が1人もいません。

マザー・テレサは「最もひどい貧困とは、孤独であり、愛されていないという思いなのです」と仰いました。殆どの鬱病闘病記には「家族の理解があって」「仲間の支えを受けて」克服したとあります。孤独の無力さに打ちひしがれています。
 それでも今年に淡い期待を抱いて生き延びます。取り敢えず痩せてモテモテになります。みなさんもどうか生き延びてください。2021年が愛と平和に包まれますように。新しい音楽がもう鳴り響いてますよ!

SIDE-Bに続く。

1月1日 SIDE-B CHECK 1,2

たまにでもこのサイトを開いてくれている方がどれくらいいらっしゃるだろうか。2020年5月18日を最後に、このサイトは更新が途絶えていた。
 SIDE-Aは2021年1月1日に皆さんの元に届いただろう寒中見舞いだ。正月のめでたさを吹き飛ばす陰鬱な内容で、本当に申し訳なく思っている。しかも1通目を投函してから補足の2通目を書いて出す異常さ。おおよそこんな日々を送っていた。

ステイホーム (もはや懐かしい言葉だ) の間にすっかり引きこもりが身についてしまい、解除されても動き出すことができなかった。社会が動き出す気配の中で取り残された思いで、鬱病を悪化させて布団の中で硬直してた。
 ステイホーム期間中に、最後のリアルな友達だと思っていたFUJI ROCKの仲間たちにオンライン飲み会を呼びかけた。答えは全員「興味ない」「別にやりたくない」。彼らを友達だと思っていたのは僕だけだった。みっともないね。鼻くそダサいわ。

そんな時に老猫メイが押し入れに籠もるようになった。自分がどうなっても同居猫の健康と幸福は守らなくちゃいけない。必死で動物病院に連れて行った。診断結果は椎間板ヘルニアで、痛みのために動きたくない、特に排泄と毛繕いに支障が出ていた。その日から毎日投薬、たまに通院の日々が続いた。自分の持病も7つあって、とにかく病院に行くか布団の中にいるかの日々だった。
 初夏にカウンセリングがオンラインで復帰したものの、あまりにも声を出してないんで毎回セッションが終わると咳が止まらない。

大晦日のタイムラインには、みなさんの一年を締める立派なご挨拶が並んだ。僕には2020年を生きた実感がない。ダイアモンド・プリンセス号のクラスターも志村けんさんが亡くなったのも同じ年だなんて実感がない。「みなさまに感謝です」とも「来年も頑張ります」ともとても言えない。ただ終活に向けて淡々と生き延びるのみ。
 「無」だったっていう意味で、2011年、1995年と並んで自分の中で大きな区切りになる年だ。その元凶である新型コロナ感染症があと何年続くかもわからない。ただ48年生きてきて、2020年が一番辛かった。生き抜いただけで偉い!
 その中でもずっと推してたのんちゃん、今川宇宙さん、中嶋春陽さん、miyuちゃんは相変わらず素敵だった。新たにゆーたん、坂本櫻さん、苺谷ことりさん、なまはむこさんという素敵な女性たちと知り合った。みんな僕にとってのミューズです。

大晦日の僕の夕食はからあげクン、味付け卵、ローソンのサラダ、明星中華そば (年越しそば相当) 。ごちそうの写真を片目に年越しそば代わりのカップラーメンまるごと布団にぶちまけて火傷した。なんと惨めな幕切れだろうか。
 布団は濡らしたバスタオルで拭いて、ビニールを敷いて使用した。いま干してるけど廃棄だな。この件に関しては2020年の厄落としと解釈する。坂本櫻さんが年越しの配信で「皆さんに魔法をかけましたから、申し訳ないけど新年はいいことしか起きない」って笑った。あの素敵な笑顔を見ると、ほんとにそう思える。

そしてこれは大学生の頃くらいから兆候はあったんだけど、ちょっとした運動で息切れするようになった。階段を1階あがれば2-3分、靴を履くために屈むだけでも息が切れる。極度の運動不足だったこと、それによって体重が9kg増えたことが原因だと思ってた。
 内科に相談したら、呼吸器系も循環器系も問題はない、精神科の範疇ではないかと。精神科は、いやうちではない、睡眠障害じゃないかと。

かくして睡眠外来のある呼吸器科で検査を受けたところ、睡眠時無呼吸症候群の重症中の重症であることがわかった。最大の無呼吸状態が49秒、血中酸素飽和度は100%が望ましくて96%を下回ると治療が必要、90%を下回ることがまずないところを77%。
 症状や合併症のリスクの高い病名を挙げると、鬱病・糖尿病・高血圧・高脂血症・肥満といった、身に覚えのある病名が並ぶ。

楽観的に考えれば、睡眠時無呼吸症候群さえ克服すればほかの病状も改善するかもしれない。いま、持続陽圧呼吸療法 (CPAP) という睡眠時に鼻につけたマスクに加圧した空気を送り込む治療を受けてる。
 初日から著しく改善したのが鬱症状だ。ずっと、昼頃に起きて深い鬱に見舞われて、5時間くらい動けなかった。外も暗くなってきた頃にようやくよろよろと起き出してた。CPAPを始めてからパカーンと起きれるようになった。気持ちも楽になった。

いま希望の種はこのCPAP、そしてSIDE-Aに書いたように唯一の理解者だった祖母が亡くなったと伝え聞いて、少しずつ外出する練習を始めてる。
 今年の抱負は「痩せてモテモテ」です。ウハウハをつけてもいい。痩せてモテモテのウハウハです。自己肯定感を高めるためにも持病の改善的にも痩せたい。で、独りで生きるのはもうわかったから、いい加減に共に歩むパートナーが欲しい。さらに言うなれば何年も放置してる創作活動を再開したいし10兆円欲しいし1日48時間欲しい。

痩せる努力をしないで痩せるためにEMSの腹筋運動と食事に気をつけてる。この日記もちゃんと書く。っていうのは今日から書くんじゃなくて、中断した5月18日に遡って書くって意味です。記録はぜんぶ残ってる。
 で、自分の音楽作りたい。プレイリストやMix CDも作りたい。積読本や積聴音源も消化したい。楽器もやる。本気です。それもうモテるしかないよね。ごめんなさいね。



2020年 1月 2月 3月 4月 5月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2001年
2000年
1998年-1999年 1998年春-1999年春